飲食店のブランディングDX

活用方法

集客力を高める。
魅力を具現化するブランドツール

集客力を高める。
魅力を具現化するブランドツール

魅力を整理・言語化する

奇をてらった話題作りの施策がブランディングとは限りません。お店が力を入れていること、料理はもちろん空間やサービスなど、“こだわり”となることをしっかりと見込み客へ伝え、印象づけしていく。
その活動がブランディングであり、多くの飲食店が実施できることです。
まずは「魅力を整理」機能でこだわりを整理・言語化しましょう。

ブランド構築のための簡易なフレームワークを用いた、 5つの質問から自社の整理が行えます。そして、ここで回答された内容をもとに、ウェブサイト機能の適切なデザインがレコメンドされます。また、Q5の回答文が魅力を訴求するPR文として、ブーストにも適用されます。

与えたい印象に合わせて、ウェブサイト機能のデザインにカラーとフォントが自動設定されます。

ブランドの特徴を言語化した例。ウェブサイトへの掲載とブーストにも適用されます。

魅力を表現する

※ウェブサイト機能はProプランの機能になります。

ReNewのウェブサイト機能は
魅力を整理で設定した与えたい印象によって、カラーとフォントが自動設定されます。
もしお店の雰囲気と異なるような印象があれば、カラーを変更することもできます。

ビジュアル設定。後述するブランド強化でさらに印象を高めることができます。

ナビゲーションも印象に合わせて適切なものを選択できます。

飲食特化のコンテンツ設計

ウェブサイトの基本コンテンツやデザインは、 一般消費者が知りたい情報を分かりやすく、 飲食店側にとっても魅力を訴求しやすい設計になっています。

コンテンツの一覧

左からホーム、メニュー、メニュー詳細、タイムライン、店舗情報を備えています。情報編集は管理画面上で行えます。
※イメージは実際と異なる場合がございます。

ブランドを強化する

ウェブサイト強化やスチール撮影をご依頼いただくことでさらに魅力を高めることが出来ます。

ウェブサイト強化では1点数千円から購入でき、魅力を高めるデザインやコンテンツのベースを購入することが出来ます。
スチール撮影ではブランディング視点で撮影を実施します。

ビジュアル設定。後述するブランド強化でさらに印象を高めることができます。

料理だけでなく、店内外の撮影やシーン撮影も。すり合わせの上撮影を実施。データは2次利用もOKです。